Markdownを試してみた

Markdownを試してみたノートを取るときに、いつも一番手元にあるテキストエディットやら、evernoteやらで書いてしまいます。そして、バラバラになり結局見返すことがなかったりします。そこで最近は、ある程度の範囲のことは一つのテキストファイルにして、入力のタイミングで新しいファイルを作らないようにしています。

で、Markdownです。ちょっと前、どこかの記事でmarkedというアプリを目にしてから気になっていました。最近、githubやtumblrでも遭遇し、利用者が増えていそうなので手を出しておこうと思い、なんとか行動に移せました!

ブログで検索すると、参考になる記事が本当にたくさんあるのですが、それは後ほど上げるとして、Markdownに関する自分の理解を書いておこうと思います(ほとんど参考記事からの知識ですが)。

僕の理解

僕の理解1: Markdownとは、文章をhtmlのように構造化する記法。ただし、非常にシンプル。

僕の理解2: Markdownとは、markdownエディタで見ると、htmlのようにきれいに見れる。また、html表示用に出力できるソフトも出回っている。

僕の理解した特徴

  1. プレーンテキストなので軽い。融通が利く。
    WordやPagesだといろいろ機能があって便利なのだけど、 ソフトに依存しすぎる。重い。markdownは単なる記法なので、どんな形式でもよい。txtでもよい=楽。
  2. 構文が簡単で覚え易い
    例えばh1に当たるのが#,、h2は##、 斜線iは*斜線にしたい文字*、太字strongは**太字にしたい文字**、ラインは—、テーブルは、—と|の組み合わせ、引用は>など。
  3. 専用のビュアで見なくても、別にテキストが汚くなる訳じゃない。構造が頭に入ってくるので見易い。
  4. 軽いのはやっぱり気持ちがいい。

そして、Macを使っているならアプリも重要だと思います。

使っていて気持ちのよいアプリ

for mac

iA Writer – Information Architects, Inc.

定番アプリ。眺めの文章を書くときには、よいかも。書くことに集中できる。markdownについても、分かりやすい表示をしてくれる。html形式で出力もしてくれる。

Marked – Brett Terpstra

markdown専用のエディタ。上記iA Writerで作成したmarkdown形式のファイルをきれいに表示してくれる。markdownには方言のようなものがあるが、githubなど方言に合わせた表示が楽しい。

for iOS

Nocs™ — Markdown, Dropbox, & Your Text – WISD

いろいろ試してみたが、これが使いやすいんじゃないかと思う。DropboxへのアクセスはiA Writerと同様気軽にできる。そして、ビュアを兼ねたエディタなので、markdown記法で記入したものが直ぐにきれいな状態で確認できる。

参考サイト

こんなところでしょうか。まだまだmarkdown初心者なのですが、書いていて気持ちいい感覚は学習意欲を刺激しますね。(vimもさらっと使えるようになりたいですが、気持ちよさがいまいちわからないので進んでません。。Objective-Cは気持ちいいです。PHPはあまり気持ちよくありません。。) WordPressにもmarkdown形式で記事が書けるPluginがあるらしいので(ちゃんと調べてない)、使ってみたいと思っています!

Pocket
LINEで送る

You may also like...