今回のWEB+DBPRESSはGitHub特集!初心者向けで分かりやすい

今回のWEB+DBPRESSはGitHub特集!初心者向けで分かりやすい

DBを触るようになり、仕事関係で目を通しておいた方が良いかもしれないと勧められたこともあり、始めてWEB+DB PRESS Vol.69を買ってみました。結構高かったのですが。。

 

購入に至った本当の理由は表紙にGitHubとあったからかもしれません。アカウントは以前から持っていたものの、最近、ようやく使い始めはまりそうな勢いだったので、ちょうど良いタイミングでした。

35ページを割いてGitHubの特徴、Subversionとの違い、使い方などを説明してくれます。GitHubの最大の特徴でもあり、初心者に取って敷居の高いPull Requestに関しては、簡単に練習できるリポジトリなども用意してくれているという丁寧さです。僕もやってみましたが、はじめてのFork、はじめてのブランチ、はじめてのPull Requestとスムーズに試してみることができました。一回手を動かすと違いますよね。

GitHubに関してはしっかりと解説した定番本もありますし、ネットにも情報がたくさんありますが、初心者に取ってはこの記事にあるようなボリュームが最適ではないかと感じました。本だと情報量が多すぎて挫折する。ネットだと断片的すぎて全体像がわからない。この記事を読んで全体像を把握して、ネットで調べながら使って、ある程度使えるようになったら本を読んでさらに自分のものにするってのが良い流れかなと思いました。

この雑誌、はじめて買ったけどかなり丁寧で好印象。伝えるのが仕事だから伝えたら終わり、責任持たないという感じが全くなく、サポートするという姿勢が感じられます。ただ、サポートすると言っても限界があるので、限界を示唆した上でのサポートという誠実さ。いいなぁ。

ちなみに、WEB+DB PRESS 総集編 [Vol.1~60]というのも売り出されているようですね。買うかもしれません!

Pocket
LINEで送る

You may also like...