Rubyのインストール

RubyのインストールRubyのインストールの際の手順を記しておきます。Rubyに憧れはあるが、まったく分かっていないので間違いも含まれていると思います。その場合、指摘していただけるとうれしいです。MacOSX10.7.4でやりました。多分、Ruby周りは何も触ってなく、MacPortsやRVNなどの干渉しそうなプログラムも入っていません。

導入したバージョン

  • 1.9.3-p194

導入手順

1. Xcodeのインストール

といっても既に入っているので作業は不要。コマンドラインツールが入っていなかった場合、導入する。導入方法は、XcodeのPreferences > Downloadsからが簡単。

2. Homebrewのインストール

$ ruby -e "$(/usr/bin/curl -fsSL https://raw.github.com/mxcl/homebrew/master/Library/Contributions/install_homebrew.rb)"

まぁたぶん、Macには最初からRubyが入っていた模様。なので上のコマンドがいきなり使える。今回は、rubyのバージョンを上げるのとHomebrewを試したかったというのもあり、今の説明の流れになっています。

$ brew -v

インストールが終わったら上記コマンドでバージョンを確認。

3. rbenvのインストール

$ brew update
$ brew install rbenv
$ brew install ruby-build

そして、

$ echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bash_profile

そして、

$ . ~/.bash_profile

上記コマンドでパスを通します。

4. Rubyのインストール

$ rbenv install

で、インストール可能な一覧がでる。

$ rbenv install 1.9.3-p194

でインストール

$ rbenv global 1.9.3-p194

で、普段使うRubyのバージョンを指定。

$ruby -v

でバージョンを確認。

こんな感じです。いろいろ使いこなすにはgemやRuby on Railsの設定やインストールが必要みたいなのですが、まずは最新のRubyを入れるという目標は達成してため、今回はここまで。

Pocket
LINEで送る

You may also like...