Octopressでブログを書くことがなぜ快適か

Octopressでブログを書くことがなぜ快適かOctopressでブログを書くことがなぜ快適かを考えた。考えていたらOctopress以外の要因もいろいろ出てきたのだけど。

  1. 速い

    通常ブログサービスで記事を書く場合、サービスを開いて、新規記事投稿ボタンを押して、画面開いて画像足すときは画像ボタン押してとか、その都度通信したりなんか処理してるので時間がかかる。

    Octopressはターミナルからかちゃかちゃっとやって書ける。

    まぁただターミナルでコマンド打ってる時間もかかっている訳だけど、通信に比べたら断然速いし、手を動かしているのでただ待っているのと比べて体感待ち時間が違う。まぁPushの時に少し待ちはあるんだけど、もう記事書き終えてるし充実感とともに訪れる待ち。ってか待たなくていい。他のこと始めればいいんだから。あと、Pushしててもログが表示されるし、単なる待ちとは感じられない。この辺りUIデザインするときに役に立ちそう。

  2. markdownで書ける

    これ素敵すぎます。普通のブログサービスで記事を書こうとした場合、ちょっとしたことをやるのに、見出しの選択だとか、リンクだとかいちいちボタンが面倒くさい。HTML編集モードもあるけどHTML自体が面倒くさい。

    その点、markdownはある程度のことは*とか1.とかTabとか使って簡単に書ける。速い!

  3. gitがいい!

    履歴管理ができて安心。commitやPushが気持ちいい。たぶん、今後訪れるPullも気持ちいい。

  4. Rubyがいい!

    使って楽しい。これから覚えようと思っているから知的好奇心くすぐられる。

その他の要因

  • カテゴリもタグも付けてない、テーマすら決めていないのですらすら書ける。(といってもプログラムの話題ばかりになっているけど)
  • すらすらを許してくれるレイアウト。
  • 一人ツイッター。他の人のTLを汚すこともないし。

Octopressは本当におすすめです!これ、なんど書いたことか。でも、一人ツイッターだからよいのさ!

Pocket
LINEで送る

You may also like...