vundleの設定とやらを!

vundleの設定とやらを!Vimを使いこなしたいと思って、いろいろ調べていったらどうやらvundleを使ってプラグインを一元管理するのがよさそうということを知りました。そして良いサイトも幾つか!

何はともあれ、ここを参考にすれば良いのではないでしょうか。参考になるYoutube動画や、理解を助けるリンクなどが充実しています。一番素晴らしいのは、この方の設定を一つ一つ説明してくれている点です。ここまで手取り足取り教えてもらえれば、すぐにある程度使いこなせるようになるんじゃないでしょうか。

とか思ったんですが、不可でした(汗)。今の僕には

いきなり、参考の設定でが便利そうなプラグインをがっつり入れて、:BundleInstallしたのですが、vimが全く分けのわからないものになってしまいました(;;)。多分、vimのシンプルなところが好きだった僕には高機能過ぎました。

いろいろ説明見ていて思ったのですが、標準状態でvimを使っている人にとってはこれ失敗したと思ったら.vim/bundleと、.vimrcを削除すれば元に戻ると思います。そのあたりの気楽さはいいですね。

で、まぁ消そうと思ったんですが、これから少しずつ試していくために基本設定だけは残しておこうと思って、ややこしそうなプラグインは全部.vimrcから削除して、:BundleCleanしちゃいました。:BundleCleanをすることで、.vimrcにないプラグインが.vim/bundleから削除されます。

で、残したのはこれ。

 set nocompatible               " be iMproved
 filetype off                   " required!
 set rtp+=~/.vim/bundle/vundle/
 call vundle#rc()
 " let Vundle manage Vundle
 " required!
 Bundle 'gmarik/vundle'
 "------------------------------------------------------------------


 "------------------------------------------------------------------
 filetype plugin indent on     " required!
 "
 " Brief help
 " :BundleList          - list configured bundles
 " :BundleInstall(!)    - install(update) bundles
 " :BundleSearch(!) foo - search(or refresh cache first) for foo
 " :BundleClean(!)      - confirm(or auto-approve) removal of unused bundles
 "
 " see :h vundle for more details or wiki for FAQ
 " NOTE: comments after Bundle command are not allowed..

とりあえずの基本設定と、コマンドリストだけです。
これから1つずつ理解してから入れていこうと思います。そういえば、set numberとか基本的なものはちょこちょこ書いておこう。

Pocket
LINEで送る

You may also like...