バッチ・ファイルを作ってみた

バッチ・ファイルを作ってみた一般的な人はコマンドラインでPCを扱うことはないと思う。で、作業を自動化する仕組みをウェブで作ろうとも思ったんだけど、ちょっとこれは面倒だということでバッチ・ファイルの作り方を検索してみました。バッチ・ファイルというのは、コマンドラインから実行するのではなく、ファイルをダブルクリックすることで実行できるファイルのことだそうです(wikipedia)。

とりあえずすぐに出てきてわかり易かったのがここです。紹介されているリンク先とあわせて見れば、基本的なことは抑えつつ、ファイルを作成することができました。

作成したファイルはこれです。

#!/bin/bash
MY_DIRNAME=$(dirname $0)
cd $MY_DIRNAME
ls -lha
  • 一行目はシェルを使うよということ
  • 二行目はカレントディレクトリを読み込んでいるようです。
  • で、三行目でカレントディレクトリに移動します。
  • 四行目で処理の実行です。

ファイル名はtest.commandとしました。で、これにchmod u+xで実行権限を与えます。ダブルクリックで使えました!次回はrubyを動かしてみよう!

Pocket
LINEで送る

You may also like...