Textamate2のインストール

Textamate2のインストールもう、半月以上前になりますがTextmate2がgithubで公開されたことを知りました。ずっとインストールしたいと思っていたのですが、後回しになっていました。やっと出来ます。

参考にしたのはこちらのサイト

基本は、2つめのサイトを参考にしてやったのですが、少し違うやり方を取ったところもあるのでメモを残しておきます。

gitからクローンします

作業スペースはデスクトップでやりました。クローンして、フォルダの中に移動します。

cd ~/Desktop
git clone git://github.com/textmate/textmate.git
cd textmate/

参考サイトには、git clone https://github.com/textmate/textmate.gitとあったのですが、自分の環境ではhttps:が失敗したのでgit:でやりました。

必要なものをインストールします

最初失敗していたのですが、参考サイトの3つめを見てbrew updateしたところ成功しました。

$ brew update
$ brew install ragel boost multimarkdown hg ninja

混沌

もしこのブログを参考にされている方がいれば、この混沌の箇所は飛ばして先にビルドをしてみてください。僕はここで恐らく無駄なことをしてつまずきました。

ビルド!

公式にあるとおりに下記の処理を実行して成功です!

git submodule update --init
./configure && ninja

Applicationsフォルダに移動して完了!

cp -r ~/build/TextMate/Applications/TextMate/TextMate.app /Applications/

とりあえず設定

やった成功!日本語の入力も問題なし!

textmate2japanese

ということで、初期設定をちょこっとやります。

まずPreferencesのTerminalでPathを設定します。これで、mateが使えるようになります。

テーマについてですが、変えられないのかな!?と思ったところ発見しました!これもPreferencesのBundlesでThemesタブをクリックすると選択肢が出てくるので、チエックすればインストールされます。インストールされたThemeはViewから適用できます。とりあえず昔使ってたのに近いBlackboardにしました!Oceanicも良かったけど。

あとは、Runの設定です。これ苦戦しました。ですがなんとか解決です。これについては躓く人もいると思いますので、別記事で書こうと思います。

つまずきメモ

混沌の箇所ではまっていた部分です。。。

(あとで分かったのですがMountain Lionではやっぱり以下の処理はいらないかも)

ここでビルドしようとしたのですが失敗しました。公式にあるようにproctoolsを入れないといけないようです。Lionの場合とあったのでやらなかったのですが、Mountain Lionでも同様の様子。

brew install proctools

ぐは、Failed executing: bsdmakeというエラーが出ました。メッセージにある通りbrew doctorを実行。libtoolってのの依存関係がおかしいと合ったのでbrew installを。

brew doctor
brew install libtool

成功!でも、brew install proctoolsは再度失敗。再度brew doctorを行ったところ、パスの順番を変えてみればということだったので、こちらを参考に/usr/local/binを前に(以前やったはずだけどMLインストールの時にリセットされたのかな??)。で、brew doctorではエラーはなくなったけどproctoolsのインストールには失敗する。。

Pocket
LINEで送る

You may also like...