gitoliteをためしてみた!

gitoliteをためしてみた!以前から気になっていたgitoliteを試してみました。

今まではリポジトリにアクセスできるユーザを作って、そのユーザのssh経由でやってました。この方法で面倒なのは、gitユーザのauthorized_keysにsshの公開鍵を追加してゆく必要が有ること。ただ、それさえ済んでしまえば簡単にリポジトリにアクセスできます。ただ、まぁリポジトリの名前さえわかればなんでもDLできちゃうという感じだったんですね。

で、gitolite。参考にしたのはこちらのブログ。

リポジトリにアクセスできるユーザの管理だとか、アクセスできるリポジトリの範囲だとかいろいろカスタマイズできます。これも公開鍵を追加するんですが単純にローカルのフォルダに公開鍵を置くだけという感じで楽といえば楽ですが、アクセスするためには.sshフォルダにconfigを作ったりしなきゃいけなくて一手間増えます。

ちょっと面倒。

だけど、こっちのほうがしっかりしてるよな。利点としてはリポジトリの作成が簡単なこと。テキストで書き込むだけでできちゃうという。

うーん、とりあえず少し使ってみようと思う。ちゃんと管理するためにはこちらのほうが良いだろうし。

Pocket
LINEで送る

You may also like...