CLLocationCoordinate2DをNSValueへ格納

CLLocationCoordinate2DをNSValueへ格納(追記)これiOS6からだったんですね。

さて、NSValueにCの構造体を入れる時が来ました。今までやってなかったなぁ。辞書とかに変換してました。ちょっと地図でCLLocationCoordinate2Dを渡す機会があって、NSValueで入れちゃったほうが楽なんじゃないかと思って試してます。

参考にしたのはこちらです。いつもお世話になっています。

とりあえず、メソッドだけを抜き出すと、

出し入れ

入れるとき

NSValue *value = [NSValue valueWithMKCoordinate:coordinate];

出すとき

CLLocationCoordinate2D coordinate = [value MKCoordinateValue];

うは、ちゃんと用意されてたんかー。知らなかった。。。CGRectとかはあると思ってたけどさ。他にどんなのがあるんだろうと思ってNSValueを見てみたら、、

NSValue MapKit Additionsってカテゴリで実装されてた。MapKit.frameworkを入れると使えるようになっていたらしい。へー。ふむふむー。

他に、MKCoordinateSpanも格納できるみたいです。

参考:

Pocket
LINEで送る

You may also like...