『Ruby on Rails 3 アプリケーションプログラミング』を読んだ

『Ruby on Rails 3 アプリケーションプログラミング』を読んだRuby on Rails 3 アプリケーションプログラミングの感想を書こうと思います。感動したので。

Ruby on Railsにはずっと興味があったのですが、ちょっと触っただけではよくわかりませんでした。それがこの本をひと通り読んだ所、概要がつかめサイトを立ち上げることが出来ました。読みやすいというのもそうなんですが全体的に幾つか素晴らしいポイントがあったので書き出してみます。

その前に、この本がRails3を対象としているので、、、という方もいるかもしれませんが、RubyとRailsのバージョンを揃えてやれば書いたコードはちゃんと動きますし、3と4の違いはそんなに大きくないので十分今も使えると思います。

説明が丁寧でスムーズに読める

本書は大量の知識を詰め込んでいるのですが、一つ一つの解説に全く手を抜いている感じがしません。躓きそうなところや周辺知識が欲しくなるところではちゃんと、注記などで説明されています。逆に言えば、読者が脱線しないように情報量などを著者がかなり上手くコントロールしているのだと思います。

項目がわかりやすく分離されている

章を書き出すと以下のようになります。

  • イントロダクション
  • Ruby on Railsの基本
  • Scaffolding機能によるRails開発の基礎
  • ビュー開発
  • モデル開発
  • コントローラ開発
  • ルーティング
  • テスト
  • Railsの高度な機能

この中で特に良い分け方だなと思ったのが、Scaffolding機能によるRails開発の基礎という部分を章単位で切り出しているところです。Scaffoldingと言うのは、ビュー、コントローラ、モデルを自動生成するコマンドなのですが、これで出来上がったものを見ることで、Rails開発の全体像を俯瞰することができます。基本やビュー開発/モデル開発/コントローラ開発のところに組み込みたくなりますが、これを分けたことでその後、読み進めるときのストレスが軽減されます。また、あとで振り返るときにも探しやすいです。

サンプルがちゃんと動く

サンプルコードがあるのですが、ちゃんと動きます。また、本に記載のあるコードを自分で書いてももちろんちゃんと動きます。コードは綺麗にディレクトリが分けられているので、わざわざ環境を最初から作りなおす必要なく、そのまま追記で書き進めていくことができます。地味ですが、これ、できてない本が多いと思います。こういう最低限のところをしっかり抑えています。コードの中のコメントも無駄なくわかりやすいです。

1つ1つの実践の単位が小さい

これもすごく大事だと思います。本によっては、ページに記載されていることを実行するために、3ページにもわたるコードを書かなければいけないものもあります。これは苦痛ですし、それだけコードが多いということは一般的な記述も含まれていることになると思うので無駄なことも多いです。挫折の元です。比較して、本書は数行で書かれていることが試せるような記載をしています。本当に学習が進めやすかったです。

初心者向けの本ですが、ひと通り目を通して概観をつかめれば、その後の学習のスピードも上がると思います。何より、本書でひと通り学習すれば、もう自分の力で調べてサイトを作ることができるようになります。おすすめの本です!

Pocket
LINEで送る

You may also like...