英語の文法、用法間違いを無料で修正してくれるMacアプリ「1Checker」がすごい!

英語の文法、用法間違いを無料で修正してくれるMacアプリ「1Checker」がすごい!ちょっとすごいなと思えるアプリがあったので紹介です。

Logo

1Checkというアプリです。自分の書いた英文のスペルミス文法誤用その他の誤用を見つけ出し、点数をつけてくれます。また、間違えた部分を指摘して、補正してくれる機能もあります。補正の際に、候補も一緒に表示されそれがシンプルなのにとてもわかりやすいです。

文章だけでも伝わりにくい部分もあると思いますので、実際の動作画面を紹介します。

利用例

アプリを立ち上げてログインをすると、入力画面が現れます。今回は僕の先日のブログ記事(教養について考えてみた。結局イノベーションは教養から生み出される – Morizotter Blog)の英訳を適当に書いてみました。

1c1

Today, I participated in the Nikoniko Gakkai at the first time. Besides the theme of it, the idea hit on me. It was about the culture. It was a little thing. I’ll write it down as a note.

こんな文章を書きました。そして、画面上部の誤用チェックをクリックします。すると、

1c2

解析が始まります。10秒ほど待つと、結果が出ます。

1c3

結果です。うほ、誤用が2つ出てきました。元の文章を見ると、誤用の部分に正しい英文候補が表示されます。

1c4

こんな感じです。見えますかね。at the first timeではなく、for the first timeですよと、It was about the cultureではなくて、It was the cultureですよと。It was a little thingではなく、It was a trivial thingですよと。

It was the cultureでよいのか。あと、I’ll write it down がどうして、I’ll be written downに変換されちゃうんだろか、自動で補正してくれるので間違いはあるとは思いますが、自分で書いた文章よりはだいぶ良くなるでしょうし、勝手に修正するのではなくちゃんと候補も表示してくれるのでそこから調べて正解にたどり着くこともできます。

Today, I participated in the Nikoniko Gakkai for the first time. Besides the theme of it, the idea hit on me. It was the culture. It was a trivial thing. I’ll be written down as a note.

僕の文章はこうなりました。うーん、全部あっているわけではないと思いますが、勉強にもなるしいいんじゃないかなと思います。

1c6

これは変換候補のところにカーソルを当てた場面です。画面右端にその他の候補などが表示されます。

Imi

これは単語の意味が表示されているところです。こういうのが自動的に表示されちゃう!

おちゃめポイント

おちゃめってのは死後ですか?他の言葉が思い浮かばなかったので。。。

このアプリ、ちょっと調べたところ、今年の2月17日にバージョンが2.0.0になり日本語に対応したようです。ですが、その日本語がちょっとおかしなことになっています。いくつか紹介します。

Nagasugi

誤字なのか、わざとなのか。

Nihongo

親近感を感じさせようとしているみたいです。

Yo

「お待ちくださいよ。」

Yoyoyo

「よ」を多用しています。誤用ではないですが。

文法間違いを教えてくれるアプリなのに、ちょっと日本語が変。でもきっと変じゃないんでしょうね。狙っているんですね。にくいな。ということで、英語を学習中の方や英語でちょっとした文章が書きたいけど有料は面倒だし時間かかるしお金かかるし、かと言って近くに聞ける人もいない、とりあえずGoogle翻訳でおりゃおりゃやってた人などにはとてもいいんじゃないかなと思います。

Mac版の他にWindows版やWeb版、ブラウザのプラグインなどもあるようです。

リンク

Pocket
LINEで送る

You may also like...