gitのコード補完が便利すぎる!

gitのコード補完が便利すぎる!最近、gitのコード補完のやり方が書かれた記事を見たので実践してみました。詳細は、こちらのブログをご確認下さい。

やり方は簡単。

  1. githubに公開されているコードをクローン
  2. 必要なファイルを任意の場所に移動
  3. ターミナル起動時に読み込む設定にする(~/.bashrcとか~/.bash_profileとかに記述)

これだけです(詳細はこちらのブログ)!

実際に使ってみました。gitをしたあとにtabを押しています。

$ git
add                      filter-branch            reflog
am                       format-patch             relink
annotate                 fsck                     remote
apply                    gc                       repack
archive                  get-tar-commit-id        replace
bisect                   grep                     repo-config
blame                    gui                      request-pull
branch                   help                     reset
bundle                   imap-send                revert
checkout                 init                     rm
cherry                   instaweb                 send-email
cherry-pick              log                      shortlog
citool                   lost-found               show
clean                    merge                    show-branch
clone                    mergetool                stage
column                   mv                       stash
commit                   name-rev                 status
config                   notes                    submodule
credential-osxkeychain   p4                       svn
describe                 peek-remote              tag
diff                     pull                     tar-tree
difftool                 push                     whatchanged
fetch                    rebase

素敵すぎるんじゃないですかこれは!

元記事にもありますが、git log --のところでtabを押せばオプションの補完リストも出てきます。効率向上しますね!!

ちなみに、僕はまだlinux的なディレクトリ構造に慣れていないので、~/.bashrc~/.bash_profileのどちらに書いたらいいのかなとちょっと迷い調べてみました。

bashrcとbash_profileの違いは?

下記のリンクが非常にわかりやすかったです。今回は僕の環境ではとりあえず~/.bash_profileに記述することにしました。

.bashrc と .bash_profile 結局どっちを使えばいい? : 王様うさぎの部屋

Pocket
LINEで送る

You may also like...