Sublime Text 3の設定をしてみた

Sublime Text 3の設定をしてみたSublime Textいいですよね。超いいですよね!なんか昔、TextMateが最強って思ってこちらに手を出していない時期が長かったんですが、ほんとこちらに切り替えてよかったと思ってます。Sublime Textの開発が遅れている間に一気に時代はこちらに流れましたね。ATOMも気になるところではありますが。

普段は、もっぱらSublime Text 2を利用しています。ただ、そこまでバリバリに利用しているかというとそうではなくて、ちょっとだけ練習でRuby書いたり、MarkdownやHTML、CSSなどのファイルをいじったりという用途です。そんな僕でもSublime Textが好きなのはやっぱり、使い心地が飛び抜けてるからですね。せっかくなので、ツールの勉強も兼ねて以前からやろうと思っていたSublime Text 3へのアップグレードを行いたいと思います。

インストール

Sublime Text – Downloadから環境にあったものを選択し、ダウンロードします。Macの場合、dmg形式のファイルをダウンロードしてダブルクリックで回答してApplicationディレクトリにアプリを入れます。

設定

Package Controlの導入

Installation – Package Control

コンソールを開いて(View > Show Console)、上記サイトのコマンドををコピペします。その後、Cmd + Ctr + pで表示される検索窓でPackageと入力してPackage: Installなどの一連の項目が出てきたら成功です。

とりあえず、以前の設定を復活させます。

Emmet

Ctr + eでh1などのHTML要素やCSSが展開できちゃうというやつです。Package Installを実行してメニューから選択します。ただ、これ、設定しちゃうとMacのCtr+e(行末に行く)ショートカットが使えなくなって苦しいんですよね。そこで、以前、やったように設定を少し変更します。リンク参照。

ERB Snippets

erbのスニペット<% %>こんなのがer+tabとかで簡単に出力できる。

あとは、SublimeText2/3 環境設定とか(基本3) – Qiitaなどを参考にプラグインを入れました。

ターミナルから開く

コマンドのaliasを設定してコマンドラインから開けるようにします。僕の場合は、~/.bash_profileに下記のように追記しました。

### sublime text のalias
alias sublime="/Applications/Sublime Text.app/Contents/SharedSupport/bin/subl"

これで、

$sublime a.txt

などとするとa.txtをSublime Textで開くことができるようになります。

$sublime .

とか、ディレクトリを開いてくれるのでホント便利!

ほとんどのファイルはSublime Textで開きたいのに、いちいち指定するのが面倒。独自スニペット作ってたけど、コマンドで開けたほうが便利ですねー。aliasよくわからなくなりそうだから使ってなかったけど、だいぶ慣れてきたので使ってみようと思います。

エラー

インストール時に遭遇したエラーを書き出してみます。

There are no packages available for installationと表示されて、Package Controlが開かない

これ、最初の内ちょっと調べていたんですが、10分くらい経過してからは出なくなりました。何も対処してないです。一応同じようなエラーでた人は過去にたくさんいたらしいんだけど。

とりあえずこんなところですかね。Sublime Text 3はSublime Text 2に比べて更に早くなったような印象です!!今日からSublime Text 3生活始めます。

その他のリンク

Pocket
LINEで送る

You may also like...