CoffeeScriptをやってみた

CoffeeScriptをやってみた最近、薄く広く手を広げる傾向にあるみたいです。これはこれで個人的には肯定的に捉えています。なぜなら知っていると知らないとでは効率が何倍も違うことがあるからです。最近、覚えてよかったのはCSSを構造的に書くことができるSASSです。CSSに対する面倒な印象がだいぶ軽減されました。

あと、疲れているときはガッツリやるのではなくこういう受け身傾向の学習もありなのかなと思っています。一応手は動かしていますが、ものを作る!というのに比べ低いエネルギーで学習することができます。

さて、今日もまたドットインストールです!

今からでも遅くないCoffeeScript再入門 | tekkoc’blogなどを参考にざっと概要を掴みました。

実際、JavaScriptを簡単に記述できるツールのようです。簡潔な記述ってのはほんとに負担軽減に役立ちます。コードの見通しも良くなるし。例えば関数はこんな感じで作ります。

関数の作り方

sum = (a, b) ->
    a + b

関数はこんなにスッキリです。{,}もいらないし、returnもfunctionも省略できます。インストールも大変ではなかったです。

変更を監視

実際利用する際は、とりあえず

$ coffee --watch --compile javascript.coffee

こんな感じで、書くと、javascript.coffeeが変更されると、自動的にjavascript.jsが生成されるので良いかな。

リンク

Pocket
LINEで送る

You may also like...