GitHub Flowを試してみたよ!

GitHub Flowを試してみたよ!巷で話題のGitHub Flowを試してみました!!

2番目のリンクの日本語訳を読みました。git-flowというのが有名らしいけれど、こちらは結構大変なので、ライトなGitHub Flowは魅力的です。

GitHub Flowとは?

  • masterブランチのものは何であれデプロイ可能である
  • 新しい何かに取り組む際は、説明的な名前のブランチをmasterから作成する(例: new-oauth2-scopes)
  • 作成したブランチにローカルでコミットし、サーバー上の同じ名前のブランチにも定期的に作業内容をpushする
  • フィードバックや助言が欲しい時、ブランチをマージしてもよいと思ったときは、 プルリクエスト を作成する
  • 他の誰かがレビューをして機能にOKを出してくれたら、あなたはコードをmasterへマージすることができる
  • マージをしてmasterへpushしたら、直ちにデプロイをする

trial-repo

実際、このレポジトリを使って一人Github Flowやってみたけど、結構いいかも。機能単位で集中できるし、コードの変更点にも意識が行きそう。チームでやるときはかなり効果でかそう。GithubはほかのBTSに比べて動作が速いような気もするし。見た目キレイだし。

Pocket
LINEで送る

You may also like...