vagrantの仮想環境を簡単に立ち上げる個人的フロー

vagrantの仮想環境を簡単に立ち上げる個人的フロー今日時点でのvagrant仮想環境の簡単立ち上げフローをメモしておきます。もっと良い方法は確実にあるのですが、とりあえす今時点でやっている方法。

目的

何かテストをしたいときに仮想環境を手軽に立ち上げる。その際、他のローカル環境をできるだけ汚さないようにする。

前提

  • vagrant インストール済み
  • virtualbox インストール済み
  • knife-solo インストール済み
  • berks インストール済み
  • chef リポジトリが準備済み

処理

vagrantのホスト名はsampleとします。

$ mkdir vagrant_sample
$ cd vagrant_sample
$ vagrant init
$ vagrant vi Vagrantfile                    # *1
$ vagrant ssh-config --host sample> config  # *2
$ git clone <chefのリポジトリ>
$ cd chef
$ berks vendor cookbooks
$ knife solo prepare sample -F ../config
$ vi nodes/sample.json                      # *3
$ knife solo cook sample -F ../config
  • *1 Vagrantのbase設定とか
  • *2 使い捨てにしたいためこのようにしています。
  • *3 適応したいcookbookを指定しします。

後処理

$ cd /path/to/vagrant_sample
$ vagrant destroy

virtualboxに作成したインスタンスを削除します。

ちょっとかっこ悪いかもしれませんが、とりあえずこれで今のところ良いかなと思っています。

Pocket
LINEで送る

You may also like...