画像をGifに変換してくれる『Gif Brewery』っていい!

画像をGifに変換してくれる『Gif Brewery』っていい!

アニメーションGIFを作るためのサービス2つ

たまにGithubなどにアニメーションGifが貼り付けられていて、これ、やりたいなぁと思いながらネタだけ仕入れてやっていませんでした。先日の勉強会2つでその話が出てせっかくなのでということで、やってみました。

今回は「Gyazo」と、「GIF Brewery」を試しましたが、GIF Brewerがやっぱり良いかなという感じです。

Gyazo – Gyazoへようこそ : スクリーンショットの瞬間共有の利点は、動画の用意までセットで出来てしまう点です。起動すると取得したい動画の範囲を指定します。そしてスタートするとその範囲内での一定期間のアニメーションがGIF化されます。手軽です。ただし、柔軟性は欠けています。好きな様にカスタマイズできないですし、指定するサイズもずれたらちょっとかっこ悪くなります。

GIF Breweryに関して

こちらのほうがよいと思いました。こちらは、

1.対応する形式の動画を用意する。
2.GIF BreweryでGif化する

という2ステップが必要です。

対応する形式の動画の用意

これは、Reflector Airplay Receiver – Mirror an iPhone or iPad to a Mac or PCを利用してやればよいのかなと思います。iPhoneの画面をMac上でミラーリング表示できるアプリです。有料ですが試用期間があります。(もっといい方法があれば教えて下さい)

GIFの作成

GIF Brewery で作成した動画を開きます。そして、設定を変更してCreate GIFすれば終わりです。GIFにオーバーレイをつけたり速度を変えたり、色々できます。当面は使わないと思いますが、面白いかなと思います。

アプリの画面はこんな感じです。

Demo

デモで作成した画像はこんな感じです。

demo

対応形式について

公式サイトのリンクによると、こちらの形式には対応しているということです。とりあえず、.movが使えれば良さそうな気もしますが。

参考

Pocket
LINEで送る

You may also like...