TEFCASについて簡単に調べてみた

TEFCASについて簡単に調べてみたTEFCASを知っておいたほうが良いと言われてちょっと調べてみました。

TEFCASの概要

  • Trial: 試行
  • Event: 出来事
  • Feedback: フィードバック
  • Check: チェック
  • Adjust: 調整
  • Success: 成功

の頭文字を取ってTEFCASというらしい。そして、まずSから始める。最初に具体的な成功イメージを思い浮かべる。そして、試行する。試行するとなんらかの出来事が起こる。出来事からフィードバックを受け取る。そして、フィードバックをチェックする。そして最終的なSuccessを調整する。(TEFCASとは?:玉ちゃんの文科系IT入門の説明がシンプルでわかりやすかったです)。

Success

最初に成功イメージを思い描くと、脳は勝手にそのイメージを実現させようと動き出すからまずここを考える。

Trial

とりあえず何かをやってみるということ。とりあえず数をこなすということを強調するために、Try-Alls と綴ることもあるという。

Event

Resultと書かないのは、ただ単に、Trialを実行しただけなのでそれは最終結果とは違うから。

Feedback

Eventからのフィードバックを受け取るところ。どう受け取るかが大事。

Check

フィードバックが確かなデータに基づく新再生があるものか確認する。不正確なフィードバックを元に行動をすると成功からずれてしまう。思い込みをチェックする。

Adjust

今までの経験からいろいろわかってきているので、目標の定義そのものを修正する。

Success

イメージしていた成功を遂げる。

うん、とりあえずイメージ湧いた!

参考

Pocket
LINEで送る

You may also like...