UITableView周りのクラスリファレンスを読んでみる

UITableView周りのクラスリファレンスを読んでみる南千住で知り合いが開催している勉強会に来ました!今日は大学生に混じってテーブルビューの勉強をしています。そして質問受け付けたりしています。

そこで、空き時間に自分としてもUITableViewのドキュメントを読んだり、あまり使ったことのないメソッドを調べてみることにしました。iOS SDKの基本的なクラスはちゃんと読むと絶対勉強になると思って。短期間でざっと目を通してメモ的に書いていきます!

今回読んでいくのは主に下記の3資料です!

全体観

State Preservation

iOS6からtableをリロードしても、セレクトの状態とかを保存できるらしい。UIViewのrestorationIdentifierというところに情報を持っておくらしい。ただ、UIDataSourceModelAssociation Protocol Referenceに対応していることが条件。これ知れてちょっとだけ嬉しい。必要になった時に調べようw こういうのがあるって知っているだけでいいですよね!そういう姿勢でゆるくざっと見ていきます。

UITableView

  • indexPathsForVisibleRows
    • このメソッド使ってなかった。便利かも。今までvisibleCellsからindexPath取得してた(><)
  • rectForRowAtIndexPath:
    • 昔なんかの時に使ったことがる。これうまく使えば表現の幅が広がりそうだ。
  • sectionIndexMinimumDisplayRowCount/sectionIndexColor/sectionIndexTrackingBackgroundColor
    • sectinIndexは余り使うことないけど、簡単にそれっぽい見た目のモックを作るときには良いかな。

UITableViewDataSource

特に新しい発見はないかな。これは、何度か見てる。

UITableViewDelegate

  • tableView:indentationLevelForRowAtIndexPath:
    • これは使ったことがない。rowのindentを変えられるんだな。使うことないかもしれないけど、簡単に階層表示したい時とか良いかも。

Kaisou

  • tableView:shouldHighlightRowAtIndexPath:
  • tableView:didHighlightRowAtIndexPath:
  • tableView:didUnhighlightRowAtIndexPath:
    • この辺り使ってなかった!長押しで、Cut、Copy、Pasteなんてできたんだー。

Menu

とりあえず今日はここまで!今度はUIViewとかちゃんと見ていこう。

Pocket
LINEで送る

You may also like...