Swiftでの@IBOutletの振る舞い

Swiftでの@IBOutletの振る舞い小出しシリーズです。Swiftのドキュメント読んで気になったところを書いていくだけのシリーズです。

@IBOutletと書いた時に、コンパイラが自動的にweakでOptionalで初期値nilに設定してくれるということ。

“When you declare an outlet in Swift, the compiler automatically converts the type to a weak implicitly unwrapped optional and assigns it an initial value of nil.”

抜粋:: Apple Inc. “Using Swift with Cocoa and Objective-C”。 iBooks. https://itun.es/jp/1u3-0.l

実際のコード変換はこんな感じ。

Xcodeで記述するコード

@IBOutlet var name: Type

コンパイラが変換してくれたもの

@IBOutlet weak var name: Type! = nil.

Pocket
LINEで送る

You may also like...