Swiftのtypealiasでクラスのエイリアスを作ることができる

Swiftのtypealiasでクラスのエイリアスを作ることができる呼吸をするように学習するための試みの一環として、小粒な記事を書いています。

Swiftではtypealiasというキーワードを利用してクラスのエイリアスが作れるようです。具体的には、

typealias AudioSample = UInt16

こんな感じになります。これを、

var maxAmplitudeFound = AudioSample.min
// maxAmplitudeFound is now 0

こういう風に使うことができます。AudioSampleの実体はUInt16なので、UInt16.minは0です。コンテキストに合わせてクラスのエイリアスを敵越に使えば可読性の高いコードになるのではないでしょうかー!

抜粋:: Apple Inc. “The Swift Programming Language”。 iBooks. https://itunes.apple.com/jp/book/swift-programming-language/id881256329?mt=11

Pocket
LINEで送る

You may also like...