久しぶりのドットインストールでHerokuをやってみた

久しぶりのドットインストールでHerokuをやってみた風邪が抜けないので暇つぶしに久しぶりにドットインストールやります。今日は、「Heroku入門 (全12回)」。Herokuは既に少し利用しているサービスなんだけれど、つまみ食いでしか学んでなかったので、基本的な部分をさらっと復習できたら良いなと思っています。

一通りやった感想としては、Heroku入門としてちょうどいいかなぁと思いましたっ!

学習メモ

  • Procfile: Herokuで動かしたいコマンド一覧
  • Dyno: 仮想的なサーバ
  • heroku apps:info: アプリに関する情報が一覧できる。
  • heroku maintenance:on: メンテナンスモードにすることができる(画面にその旨表示。この画面もカスタマイズできる)
  • heroku releases: リリースした情報を一覧で見ることができる。
    • heroku releases:rollback、またはバージョン指定(heroku releases:rollback v2)でバージョンを変更することができる。

環境変数

  • heroku config:set key=value: 環境変数を設定できる。
  • heroku config:unset key: 設定したキーをリセットできる。
  • heroku config:get key: 設定した値を見ることができる。
  • heroku config: 設定した環境変数の一覧を見ることができる。
  • <%= ENV['key'] %>等でRailsから参照できる。
  • アプリ内で利用するには、.envというファイルを作りその中に記述する。
    • だたし、実行する際にはforemanツールを使い、Procfileを稼働するようにする。foreman start
    • .envは本番環境には関係がないので、.gitignoreに含めておく。

参考

Pocket
LINEで送る

You may also like...