Raspberry pi に無線LAN経由でSSH接続する

Raspberry pi に無線LAN経由でSSH接続する前回(Raspberry PiにSSH接続してみる。 – Morizotter Blog)に引き続き、今度は無線LAN経由でSSH接続をしてみたいと思います。

準備

まず、有線LANに接続した状態でRaspberry Piを起動します。そして、無線LANアダプタを接続します。今回は、手頃な価格と利用者も多いことから、BUFFALO/WLI-UC-GNMにしました。

下記のコマンドを打ってusbに接続されていることを確認します。

pi@raspberrypi ~ $ lsusb
Bus 001 Device 002: ID 0424:9514 Standard Microsystems Corp.
Bus 001 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub
Bus 001 Device 003: ID 0424:ec00 Standard Microsystems Corp.
Bus 001 Device 004: ID 0411:01a2 BUFFALO INC. (formerly MelCo., Inc.) WLI-UC-GNM Wireless LAN Adapter [Ralink RT8070]

Raspberry PiのWPAの設定をしていきます。下記のコマンドで設定情報を確認することができます。

pi@raspberrypi ~ $ wpa_passphrase [SSID] [PASSPHRASE]
network={
    ssid="<SSID>"
    #psk="<PASSPHRASE>"
    psk=c505ed74c79f4723e9809c6e167461d588d1e40c20f802590514b95de6ddcb71
}

更に、上記設定を/etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.confというファイルに書き込みます。


pi@raspberrypi ~ $ sudo sh -c "wpa_passphrase [SSID] [PASSPHRASE] >> /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf"
pi@raspberrypi ~ $ sudo cat /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf
network={
    ssid="<SSID>"
    #psk="<PASSPHRASE>"
    psk=c505ed74c79f4723e9809c6e167461d588d1e40c20f802590514b95de6ddcb71
}

無線LAN接続

Raspberry Piの電源を切り、有線LANを外した状態で再度起動します。少し待つと、無線ルーターが新しいIPを割り振っていました。新しいIPを確認した、そちらにSSH接続してみます。

IPアドレスの確認

$ ifconfig
$ ssh pi@xxx.xxx.xxx.xxx
pi@raspberrypi ~ $

接続できました〜。

無線LAN & SSHでケーブル削減

全然、機能積んでないんですが、最小構成で電源ケーブル1つあればRaspberry Piに接続できるので気楽です!

Onecable

参考にした記事

今回はほぼこちらの記事を参考に設定が出来ました!

使用した機器

BUFFALO 無線LAN子機 コンパクトモデル 11n技術・11g/b対応 WLI-UC-GNM

Pocket
LINEで送る

You may also like...