新しいMacbookのケーブル構成をまとめてみました(家での利用、外出時の利用)

新しいMacbookのケーブル構成をまとめてみました(家での利用、外出時の利用)12インチの新しいMacbookが手元に届いて約2週間が経ちました。普段、Macbookを持ち歩くことの多い僕にとっては使い勝手もよく、とても快適に利用しています。ただ、やはり当初最も困ったのはポートがUSB-C一つしかないことでした。この部分に関していろいろ検討した結果、一応の解決までたどり着いたのでまとめておきます。まず、どういう風に新しいMacbookを使っているのかを書いてから、利用シーン別にケーブルをどのように選択しているのかを書きます。

新しいMacbookでのケーブルの選び方は誰もが迷うところだと思ういますので、一つの例として誰かの参考になれば。

IMG 1641

新しいMacbookの使い方

まず、前提としてどのように新しいMacbookを利用しているのかを書いておきます。僕のケースでは個人用のメインマシンとして使っています。用途としては、通常のブラウザ閲覧、Xcode(iOSアプリを作るための開発ツール)での開発、簡単な画像加工などです。以前はMacbook Airの2012年版を利用していましたが、だいぶ古くなってきたのでそこからの乗り換えです。家でも外でも使い方に違いはありません。

ただし、家で利用する持ち物を外で利用することはないようにしています。かならず何かを忘れるので、そうすると外出時の作業に差し支えるし、それを考えるだけでストレスになるからです。ということで、外と家での使い方をうまい具合に分けられるようにしています。

家で利用する

IMG 1639 2

家で利用する際はとてもシンプルな構成になっています。純正のUSB-C Digital AV Multiportアダプタを介して、Macbookに付属していたケーブルで電源供給、そして、Amazonベーシック ハイスピードHDMIケーブル 2.0mを利用して外部ディスプレイに接続しています。USBに関しては様々な機器に接続する必要から、Anker USB3.0 高速9+1ポートハブを購入して分岐させました。

家に帰ってきたら、USB-Cアダプタに接続するだけで、外部ディスプレイやらHDDやら、iPhoneやらに自動的に接続するような形になります。

* USBでの充電は気休めです。充電しながら使用してもほとんど充電されません。なので、がっつり作業したい時はやはり純正の充電ケーブルが必要そうです。

外出時に利用する

IMG 1640

まず、肝となるのは、Anker 60W 6ポート USB急速充電器です。AnkerのUSB急速充電器の最上位を選びました。これを持ち運ぶことで、Macbookの充電ケーブルを持ち運ぶ必要がなくなります。セール中なのかわかりませんが、一つ下のモデルよりも価格が安く3200円くらいで購入できました。

Macbookとの接続については、Amazonで探してShineZoneというところのUSB Type-C ケーブルを購入しました。ケーブルによっては電流が足りず充電ができないということなので、充電ができそうなタイプを選びました。結果、充電もちゃんとできているので良かったと思います。

Macbookから外部の機器に接続する際にはUSB-C – USBアダプタを利用しています。外部接続時には同時に充電はできないことになりますが、その点は割り切っています。

まとめ

ケーブル関連で6つも購入していることになります。Macbookの場合、USBの形状が変わっているので、ある程度ケーブルの新規購入は避けられないですね。

家での利用に関しては分岐が一つ増え、外出時に関しては持ち運ぶケーブルが少しだけ増えましたが、ストレスはほとんどありません(というか、この構成にしてからなくなりました)。むしろ簡単になったかなと思います。

外出時に関して言えばUSBケーブルはほとんど周辺機器の充電に使っていたので、今までMacbook経由で給電していたところがAnker経由に変わるだけになりました。電源ケーブルも持ち運ぶ必要がなくなったためかさばりがなくなりました。

とりあえずもっと便利な組み合わせができるようになるまではこの構成でいいんじゃないかなと思っています!

Pocket
LINEで送る

You may also like...

  • morizotter

    付属の充電ケーブルに比べるとやはり充電スピードはかなり劣る〜。