イーロン・マスク氏が関わるOpenAIの人工知能プラットフォーム「Universe」を動かしてみる

イーロン・マスク氏が関わるOpenAIの人工知能プラットフォーム「Universe」を動かしてみる

Universeとは

イーロン・マスク氏のOpenAI、人工知能学習プラットフォーム「Universe」をオープンソース化 – ITmedia ニュースの説明がわかりやすいので引用します。

Universeでは、AIエージェントは人間と同じようにコンピュータを使えるという。画面を見たり、仮想キーボードとマウスを使って操作する。これにより、人間がコンピュータでこなすタスクをエージェントに学習させることができるとしている。

さらに、

Universeには、環境として2600のAtariゲーム、1000のFlashゲーム、ブラウザのタスクなどが含まれる。

準備

conda

とりあえず、condaの環境があった方が良いということなので、Quick installを参考にインストールします。

Minicondaを開いて、必要なファイルをダウンロードします。

ダウンロードしたファイルを実行します。

$ sh Miniconda3-latest-MacOSX-x86_64.sh

ダイアログ形式で訪ねてくるので、それに回答してインストール完了です(ただし、pythonに詳しくないのでconda環境を構築するのが良いことなのかはわかりません…)。

Universeのインストール

README通り。

$ git clone https://github.com/openai/universe.git
$ cd universe
$ pip3 install -e .

で、うまくいくかと思ったのですが、エラーが出ました。必要に応じて下記の対応を行います。

$ xcode-select --install
$ pip3 install numpy incremental
$ brew install golang libjpeg-turbo

さらに、

Failed building wheel for fastzbarlight

とエラーが出た場合は、XQuartzを入れる必要があるということです。

$ brew install Caskroom/cask/xquartz

さらに、

configure: error: unable to find XShmQueryVersion in -lXext!
  specify XSHM_LIBS or configure --without-xshm to disable the extension
  See `config.log' for more details.
  Could not build fastzbarlight: ...
...
Failed to build fastzbarlight

と出た場合は(これには苦しめられました…)、ログやIssueなど探ったのですが、うまくいかず結局、fastzbarlightのファイルをダウンロードして、個別にインストールしようとするもうまくいかず、fastzbarlightがsetup時に利用しているzbar(fastzbarlightはzbarのラッパー)自体がおかしいいというヒントを得たので、ダウンロードしたfastzbarlightの setup.py の中にあるzbarの指定をhomebrewで入れたものに変えました(ちなみに、homebrewで入れたバージョンは念のため --without-xshm しました)。

本家のIssueにも書いておきました…: fastzbarlight build failed on MacOSX 10.11.6 · Issue #51 · openai/universe

# extra_link_args=[os.path.join(os.path.dirname(__file__), 'src/fastzbarlight/vendor/zbar-0.10/zbar/.libs/libzbar.a')],
extra_link_args=[os.path.join(os.path.dirname(__file__), '/usr/local/Cellar/zbar/0.10_2/lib/libzbar.a')],

そして、pipを使わずマニュアルインストールです。

$ cd /path/to/fastzbarlight
$ python setup.py install

これで、fastzbarlightのインストールが成功しました…はぁはぁ…。

再度、

$ pip install -e .

を実行して成功することを確認します。

Dockerをインストールします。おすすめは、Docker for Macということです。Dockerアプリケーションを立ち上げて、

$ docker ps
CONTAINER ID        IMAGE               COMMAND             CREATED             STATUS              PORTS               NAMES

ができることを確認します。

起動!

READMEにあるコードをPythonのREPLに貼り付けます(とりあえず!)。起動にはちょっと時間がかかりました(15分くらい?)。

import gym
import universe  # register the universe environments

env = gym.make('flashgames.DuskDrive-v0')
env.configure(remotes=1)  # automatically creates a local docker container
observation_n = env.reset()

while True:
  action_n = [[('KeyEvent', 'ArrowUp', True)] for ob in observation_n]  # your agent here
  observation_n, reward_n, done_n, info = env.step(action_n)
  env.render()

これで、接続して…、パスワードはREADMEに書いてあります。

$ open vnc://localhost:5900

Dec 29 2016 05 12 10

やったー!(とりあえずここまで)

参考

Pocket
LINEで送る

You may also like...