Interface Builderからプロパティの値を設定するib-value.png

User Defined Runtime Attributesってなんだろうなって思ってたんですよね。Key Pathとかちょっととっつきにくかったし。こういうことだったんですね。InterfaceBuilderからクラスのプロパティに値を設定できるということです。

便利だけど、なれないうちはここで設定したことを忘れて、「あれ、どうしてプロパティに初期値が入ってるんだ!」なんて僕の場合はなりそうですw でも、知っておくに越したことはないですね。

カテゴリー: Code

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください