間違ったrake db:migrateを元に戻すほんとにありがたいポストがありました。助かりました。

内容間違ってbundle exec rake db:migrateをしてしまったのでそれを取り消す方法です。この記事は僕の理解を書きますが、詳細は参考リンクを見てください。

1 現在のバージョンを確認する

$ rake db:version
$ ls db/migrate

これで、今どこにいるのか確認できる。

2 戻す

$ rake db:rollback
$ rake db:abort_if_pending_migrations

ロールバックして未決のファイルを確認します。

3 再適用

修正して、

$ rake db:migrate

でOK!

他に、バージョンを指定して戻すというのも使いそうです。

rake db:migrate VERSION=0

参考

カテゴリー: Code

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください