Swiftの流動的なところがまとまっているページ今日のMeetUpで面白い資料の紹介がありました。

Swiftは言語自体がベータですが、その流動的なところと、それがどのように修正されたか、いつ修正される予定かを一覧で書き出していってくれています。引用元もきちんとリンクがあるので、嬉しいです。Swiftについて目を通していると、「あれ、今、あそこまだ言語としてカバーしてないと思ったけど、どうなったんだろう」とかそいうことがちょくちょく出てくるので、そういう時に役立ちそうです。

カテゴリー: Code

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください