iOSの画面タッチを表示してくれるTouchVisualizerがデビューしました!

TouchVisualizer

以前、MZRPresentationKitという名前でリリースしていたライブラリをTouchVisualizerという名前に変更して登録しなおしました!

morizotter/TouchVisualizer

Cocoapodsでインストール

source 'https://github.com/CocoaPods/Specs.git'
platform :ios, '8.1'

use_frameworks!

pod "TouchVisualizer", '~>1.1.0'

使い方

シンプルに。

TouchVisualizer.start()

設定を変更して。

var config = TouchVisualizerConfig()
config.color = UIColor.redColor()
config.image = UIImage(named: "YOUR-IMAGE")
config.showsTimer = true
TouchVisualizer.start(config)

Issue

Rename? · Issue #13 · morizotter/TouchVisualizer

Cocoapodsのリネーム

リネームのやり方が分からず、新たなライブラリとして登録しました。現在、MZRPresentationKitにアクセスすると、TouchVisualizerの方に飛びます。(CocoapodsからMZRPresentationKitを削除する方法がわからない)

Cocoapodsへの登録に関して、今はこれだけでできるんですね(その前にcocoapodsへの登録フローもあったはずだけど、たぶん、エラーで教えてくれる)。楽ちん!

[code lang=bash]
$ pod lib lint TouchVisualizer.podspec
$ pod trunk push TouchVisualizer.podspec
[/code]


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください