画面上部からドロップダウンでメッセージを表示するSwiftyDropをリリースしました!

SwiftyDrop

画面上部からドロップダウンでメッセージを表示する morizotter/SwiftyDrop をリリースしました!

見た目

エラーやワーニング、情報提供など状況に応じて色を変えることができます。

Warning

Error

Default

ブラーをかけたバージョンもあります。

Light

iPadにも対応しています。

IPadPortlait

こんな感じで、よく使うであろうシーンに合わせて見た目をいくつか用意しています。横画面でも使うことができます。

使い方

Cocoapods、または、Carthageでインストールをすると楽チンです。詳しくは README でご確認下さい。オリジナルのファイル(バージョン1.0.0では SwiftyDrop.swift の1ファイルのみ)を直接プロジェクトに追加をして利用することもできます。

使いたいファイルで、importします。

[code lang=swift]
import SwiftyDrop
[/code]

利用する際は、このようにします。

[code lang=swift]
Drop.down("Message")
[/code]

見た目は、StateBlurの中から選ぶことができます。見た目を指定して表示する場合は下記のようにします。

[code lang=swift]
Drop.down("Message", state: .Success)

Drop.down("Message", blur: .Light)
[/code]

それぞれ、enumになっているので、コード補完が効いて便利です。

DropState

  • .Default
  • .Info
  • .Success
  • .Warning
  • .Error

DropBlur

  • .Light
  • .ExtraLight
  • .Dark

現在、プリセットの見た目は8種類です。

ちょっとしたフィードバックに

軽量ライブラリのSwiftyDropをちょっとしたユーザへのフィードバックにご利用ください〜。

morizotter/SwiftyDrop

カテゴリー: Code

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください