Carthageの配布の仕方(すっごい簡単!)iOS開発のデフォルトスタンダードとなっている依存関係管理システムといえばCocoaPods.orgですが、最近登場したCarthageは様々な点でCocoapodsに勝るメリットが享受できます。特に、プロジェクトのビルドが速くなるという点で圧倒的に素晴らしいです。CarthageはCocoapodsの様にクリーンインストールの都度ライブラリのビルドをし直すということをしないからその分高速なんですね。

先日、大きめのプロジェクトの一部をCocoapodsからCarthageに変えたところ、ビルド時間を40パーセントも(!)削減できました。そして、これは素晴らしいのでもっと広まって欲しいと思いました。そこでCartahge形式で配布をしたことがない人向けに記事を書いておきます。

とっても簡単なので、ライブラリや、個人プロジェクトなどで利用してみてください。

1. 新しいターゲットをフレームワークとして作成する

Target

新しいTargetの追加から、

00 framework

Cocoa Touch Frameworkを選択します。

2. Schemeをシェアする

01 manage schemes

Manage schemes…から、

03 shared

Sharedにチェックを入れる

3. ビルドして生成物をチェックする

[code lang=bash]
$ carthage build –no-skip-current
[/code]

上記コマンドでビルドします。Carthage/Buildというディレクトリが出来上がるのでその中身で生成されたフレームワークをチェックします。

4. git push

問題がなければRepositoryにプッシュします。

5. タグをつける

リリースのタブを開いて新しいタグをつけます。

04 release

たったこれだけでCarthageの配布準備ができます!ライブラリとしてなくても個人的に使うだけでも便利です。

参考

カテゴリー: Code

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください