iOSでカメラの利用許可のハンドリングメモです。 すごくまとまっている記事ではないです。

switch AVCaptureDevice.authorizationStatusForMediaType(AVMediaTypeVideo) {
case .Authorized:
    // キャプチャー開始など
case .Denied:
    // 拒否されてる。設定画面への遷移示唆など
case .NotDetermined:
  // 初回。確認ダイアログをここで出すとハンドリングが楽。
    AVCaptureDevice.requestAccessForMediaType(AVMediaTypeVideo) { [weak self] granted in
        if granted {
            // キャプチャー開始など
        } else {
            // 拒否された。設定画面への遷移示唆など
        }
    }
case .Restricted:
    print("Restricted")
    // 利用が制限されている。ペアレント・コントロール?
}

その他の許可

【iOS】アプリに各アクセス権限が付与されているか確認する方法 – Qiita

カテゴリー: Code

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください